WEBライティングの企画構成の概要

こんにちは。福岡県でSEOに強い集客できるホームページを作っているHIT&RUNです。

今回はSEOを利用したWEBライティングのポイントについてお教えします。

基本的なWEBライティングのルールはどんなホームページでも変わりません。

流れを知った上で文章を書くだけでホームページ全体の統一感が出てきますよ。

WEBライティングの4つの流れ

WEB ライティングも他のメディアと同じように基本的には以下の4つの同じ流れで進めます.

1.企画

2.執筆

3.編集

4.校正

この4つを順に進めて行くことで、内容がしっかりした良質の記事となります。

良く素人の人がブログを始めてうまく書けないというのはこの4つを順に進めていないことが多いからです。

特に1人で全ての作業を行うことの多いブログ等では、企画や、校正が甘かったりすることも多いのでその部分だけ第三者にお願いするなど対策を取ると良いでしょう。

 

企画が無ければ始まらない

非常にシンプルに言い切ると、

今のホームページはコンテンツ至上主義です。

以前であればSEOの裏技テクニックとして隠しワードを入れ込んだり、不自然に同じキーワードを記事に入れておけば検索エンジンの上位表示が可能となっていましたが今はそんなことをしたら逆効果です。

ですので企画段階で他のコンテンツよりも面白く魅力的なものをつくっていきましょう。

どんなに良いコンテンツでも扱っているテーマにニーズがなければ成果は期待できません。

企画の段階で大事なのはしっかりと市場のニーズを把握し SEO 対策のためのキーワードを決め、話題になっているトピックの情報を収集することです。

作成しているホームページに沿った企画かどうかもこの段階で適切に判断しましょう。主旨のずれた文章が書かれているホームページは統一感にかけ、それだけで読者の関心が薄くなってしまいます。

ニーズの把握の指標として使えるツールがGoogleトレンドのキーワードプランナーです。

キーワードプランナーで企画に挙がったキーワードを入れてどの程度検索ボリュームがあるかを確認し、ニーズに合ったキーワード設定を行いましょう。

執筆における重要なポイント

企画で決めた情報をもとに実際に文章を作成するのが執筆です。伝わりやすい文章構造を利用し、より刺さるストーリータイプを選んであらすじを作成したら、表現や表記に乱れがないように気をつけて完成させます。

SEO 対策や読みやすさの観点から、文章量にも注意が必要です。一つの生地の分量は800文字以上になるようにしましょう。

執筆の中でSEOキーワードをいかに盛り込むかは後ほど説明致します。

 

優秀な編集は読者をひきつける

一気に作成したコンテンツをより読みやすくより魅力的なコンテンツにするのが編集です。

その際に注意すべきことは、読者が読みやすい内容になっているか、画像やイラストで読み進めるのが楽しいコンテンツになっているか、狙っているターゲットに届けたいキーワードが入っているかなどです。

またこの際に SEO 対策のためのキーワードや構造を見直すのも重要です。

文章はもちろんですが、レイアウトや画像の編集も忘れないようにしましょう。

 

校正は届けたい相手を意識して

表記の間違いや適切な言葉を選んで書いてあり、リリースできる状態になっているかを確認するのが校正です。

この際に SEOキーワードの確認リンク先の設定、サイト内での回遊戦略などウェブサイトに必要な施策を行っていきます。

文章は届ける相手によって書き方や使う言葉も変えていくのがプロのライティングです。設定読者を意識して、その読者にきちんと届く文章になっているかの確認をしましょう。

 

まとめ

WEBライティングといっても難しいことはなく、出版の流れと基本的には同じです。

気軽に発信できるのがWEBの良い点ですが、しっかりとした作品を作っているという意識も持ちながら文章作成を行うと、ファンも付きやすいでしょう。

 

福岡県糸島市のホームページ制作ならSEOに強いHit&Runへお任せください。

福岡県糸島市、福岡市西区、早良区、佐賀県唐津市のお客様を中心に地元に根付いたホームページ制作を行っています。

早く・安く・集客できるホームページを作ることができますので、ホームページでお悩みの方は一度御連絡下さい!

福岡の格安ホームページ制作 Hit&Run

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です