HIT&RUNのホーム―ページ制作は中国市場に向けたスペシャルパッケージも提供しています。

中国市場に向けたホームページを展開する方法をお伝えします。

中国市場のネット環境特性

中国のウェブサイトの作り方として、

日本の既存サイトを中国語翻訳して完了。

としている企業も多いと思います。

はっきり言うと、日本で作った中国語サイトは基本的に見られていないです。

見られていないのは、中国の百度や360という中国の検索エンジンに登録して上位に上がってこない

またはSNSなどで展開をしないままだと当然中国人の目に触れることがないのでアクセスがありません。

中国向けウェブサイト作成の流れ

中国版のホームページを作るのであれば、上記のような流れによって制作するのが最も一般的です。

サーバーの管理場所もとても重要になってきます。

中国で置くか、香港に置くか、日本に置くかでその通信速度や制限が変わってきます。

特に日本でサーバーを置いて管理する場合は中国のICPと呼ばれるライセンスが取得できないので

検索サイトで上位表示されることはありません。

またサイト制作の段階においても注意が必要です。

日本と同じ感覚でgoogleやyoutubeなどを埋め込んでいくと中国では動作ができませんし、検閲NGの言葉などもありますので中国に対する理解が無いと難しいです。

そして制作したホームページをいかに周知させていくかですが、この方法はSNSが最も有効でしょう。

中国の場合SNSが最も信用する媒体となっていますので、中国版のSNS(微博・微信)を上手に使って展開する方法を考えていく必要があります。SNSですので頻度の高い更新とシェアしたくなるような記事を意識して展開する必要があります。

中国向けSEO対策ツール

中国向けのSEO対策を考えるのであれば百度のツールを使って分析を行っていきます。

Googleアナリティクスはサイトに訪れたユーザーがどこからきてどんなページを見ているかを分析することができます。

中国の場合は、百度統計というツールを利用することになります。

Googleサーチコンソールは検索エンジンの検索結果に自分のサイトがどのような検索ワードで、何位に表示されているかを分析することができます。

中国の場合は同じく百度統計を使います。

Googleアドワーズのキーワードプランナーはキーワードの検索ボリュームがどの程度あるか調べるのですが、中国の場合は百度指数を利用して分析します。

このようにGoogleが使えない中国ではそれに代わるようなツールを利用してSEO対策を行っていく必要があります。

なぜHIT&RUNが中国向け情報発信に強いのか

HIT&RUNを運営している合同会社は中国メディア戦略を行っており、日本企業向けに中国SNSの情報発信代行を行ったり、SNSを利用して中国人集客を行っています。

中国にも支店があり、中国支店のスタッフが最新の中国事情を理解した上で展開を進めています。

本当に中国で使えるサイト、中国人集客をするためのホームページを得意としています。

中国向け集客メディアをお考えのお客様は是非以下連絡先から御相談下さい。

 

福岡の格安ホームページ制作 Hit&Run